vs成蹊大(オープン戦)

11月3日 vs成蹊大学 ●5-3

 

P:吉田→梶原→大森→愛甲→山内→瀬尾→元島

 

『戦評』

《4回の表・成蹊の攻撃》P梶原

3番森が2-3から四球で出塁、4番大野がレフトを越えるツーベースヒットを放つ。1アウト2,3塁から、5番今福の打席間のワイルドピッチにより、3塁ランナーホームイン。今福のレフト前ヒットで大野も還り、この回2点先制される。

《5回表・成蹊の攻撃》P大森

先頭バッター7番外山が死球で出塁。8番高田の打球をセカンドがエラーし、9番村岡のレフト前ヒットで、一気にノーアウト満塁のピンチとなる。1番小倉の犠牲フライで外山が還り1点。続く2番前場に与えた死球でまたも満塁となり、3番森のセンター前タイムリーヒットで高田、村岡が還り2点。この回3点。

《5回裏・学習院の攻撃》P菅原

先頭バッター7番DH山田が、一球空振りの後、ライト越えのスリーベースヒットを放つ。ここで代走庭野がおくられる。8番セカンド大澤(琢)が初球から積極的に打ち、打球はレフト方向へ。大澤のツーランホームランでこの回2点をかえす。9番ショート斎藤が2-3から2球ファールで粘った後、左中間を抜けるツーベースヒットを放つも得点にはつながらず。

《9回裏・学習院の攻撃》P川原

7番代打岩永のレフト前ヒット、8番代打萩原のセンター前ヒットで1アウト1,2塁。9番金井が四球で出塁し、満塁のチャンス。ここで1番ライト本田が勝負強さを発揮し、センターへのタイムリーヒット。3塁ランナーホームインし、もう1点をかえし追い上げを見せるも、ライトフライ、空振り三振でゲームセット。

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。