春季リーグ vs順天堂大学(第三試合)

5月12日(月) @学習院大グラウンド

 

順天堂2‐1学習院●

 

P:原(征)

 

【戦評】

《3回表・順天堂の攻撃》

7番金子(航)の見逃しで一死。8番重舎がライトゴロを放ち1塁へ進む。9番高鷹が空振り三振で二死となるも、1番飯笹のレフトオーバーのツーベースヒットで重舎が生還。2番佐藤(航)がショートゴロを放ち三死。順天堂はこの回、1点を獲得し、一人の残塁でチェンジとなる。

 

《3回表・学習院の攻撃》

9番武冨がサードエラーで出塁。続く1番田中の送りバント、2番高橋の内野安打、3番島津のレフト方向へのヒットで武冨が生還。4番池田の空振りで二死。続く原山の打席間でのワイルドピッチで二塁を狙った島津がタッチアウト、三死。学習院はこの回1点を返し同点とする。

 

《4回表・順天堂の攻撃》

3番中沢がレフトオーバーのツーベースヒットを放つ。続く4番井上は四死球で出塁。5番小林(夏)の犠打失敗によりランナー入れ替わり1、2塁となる。6番佐藤(翼)のライト方向のツーベースヒットで走者が還り、1点が追加される。小林が7番金子(航)の打席間にホームでタッチアウト、二死。金子(航)はショートゴロを放ち三死となる。この回順天堂は一人の残塁、1点追加で攻撃を終える。