オープン戦 vs専修大学

8月25日(月) @専修大学グラウンド

 

学習院●0-8○専修

 

P:佐藤→山内→原(征)

 

【戦評】

《2回裏・専修の攻撃》

先頭打者6番堀内がカウント3-3からセンターへのヒットで出塁、続く7番浅川が犠打で送る。8番松本の打球をピッチャーがエラーし、ここで満塁に。9番関根のセンター前へのタイムリーで、堀内が生還し1点。1番大野(淳)への死球でまたも満塁となる。2番内山のレフト前へのタイムリーで2人生還。この回3点の先制を許す。

《4回裏・専修の攻撃》

8番松本がレフト線のツーベースを放つ。1番大野の打席間のワイルドピッチで松本が塁を進めると、大野も死球で出塁し、2番内山への2球目に盗塁を決める。ここで1死2,3塁とまたも得点のピンチ。内山への5球目がワイルドピッチとなり、その間に松本が還り1点。さらに内山もライト線へのタイムリーを放ち、3塁ランナーが還り1点。この回2点。

《7回裏・専修の攻撃》

4番代打神宮が右中間へのスリーベースヒットを放つと、続く5番途中出場の前本がセンター前へ打球を運び、神宮が生還。6番途中出場の井上の打席間の盗塁とワイルドピッチで前本は3塁へ。井上は四球で出塁する。7番代打高崎のレフトへのヒットで前本が還る。8番途中出場の上木が四球で出塁し1死満塁となる。9番途中出場の西村の打席間のワイルドピッチで3塁にいた井上が生還。この回3点。