オープン戦 vs慶應義塾大学(9月21日)

 

9月21日(日) @本院グラウンド

 

慶應3-3学習院

 

P:佐藤→元島→愛甲→大森→原(征)

 

【戦評】

 

[1回裏・学習院の攻撃]P:繁永

 

1番田中、2番内田が共に空振り三振で二死。3番池田がデッドボールで出塁すると、4番原山、レフト前にヒットを放ち、走者1,2塁。5番國廣の、レフト方向のヒットで二死満塁のチャンス。続く6番安西、またもレフト前のタイムリーヒットで池田が生還。またこの当たりでホームを目指した原山が刺され、三死。初回1点を獲得する。

 

[4回表・慶應の攻撃] P:元島

 

3番鷲崎がデッドボールで出塁。鷲崎は4番原の打席間に盗塁を決める。原は空振り三振で一死。5番山本()のセカンドゴロで二死となるも、走者は3塁へ進む。6番濱田のセンターオーバーのタイムリーツーベースヒットで走者が生還。7番島田()のサードゴロで三死。この回1点。

 

 

 

[5回表・慶應の攻撃] P:愛甲

 

8番坂田、9番重田が連続フォアボールで出塁。1番藤枝の打球はショートへ。この当たりで重田が2塁にてアウトとなり、藤枝は1塁へ出塁する。また、藤枝は2番安田の打席間に盗塁を決め2塁へ進む。安田のセンターフライで二死。3番鷲崎のレフト前タイムリーヒットで2人走者が生還。4番原のレフトフライで三死。この回2点。

 

[9回裏・学習院の攻撃] P:内村

 

8番途中出場原()のショートゴロで一死。9番途中出場の鈴木はフォアボールで出塁。1番田中のセンター、ライト間オーバーのツーベースヒットで鈴木が生還。2番内田の空振り三振で二死。3番途中出場島津のライト前ヒットで田中が生還する。4番途中出場本田のレフトフライで三死。この回2点を獲得し、同点として試合終了。