春季リーグ戦 vs成蹊大学(第二回戦)

426() @学習院大学グラウンド

 

学習院○6-4●成蹊

 

P:(完投)

 

《戦評》

[1回表・学習院の攻撃]

1番益田は四球で出塁し、2番田中のサードへの送りバントで2塁へ進塁する。3番内田のセカンドゴロで、二死3塁。4番原山、センター前タイムリーヒットを放ち、益田が生還。この回1点を先制する。

[3回裏・成蹊の攻撃]

先頭7番村岡がライトへのソロホームランを放ち1点。8番岩間をショートゴロ、9番前場をセンターフライに打ち取るも、1番桑畑にレフト前ヒットで出塁を許す。2番高田の打球をショートがエラー、3番小倉には四球を許し、二死満塁のピンチを迎える。4番今福の押し出し四球、5番金城のセカンドゴロエラーで桑畑、高田が生還し、2点追加。この回3点で逆転を許す。

[8回表・学習院の攻撃]

1番益田はレフト前ヒットを放つと、2番田中のピッチャーへの送りバントで2塁へ進塁する。3番内田はライト前ヒットで出塁すると、4番原山の1球目に盗塁を決める。原山の6球目、ワイルドピッチで益田が生還。原山は四球を選ぶ。5番安西、センター前タイムリーヒットを放ち、内田が生還。6番代打池田のショートへの内野安打で一死満塁のチャンスを作ると、7番途中出場芦原のショートゴロで原山が生還する。この回3点で、4-3とし、逆転する。

[9回裏・成蹊の攻撃]

7番村岡がレフト線へのツーベースヒットで出塁すると、2塁ランナーは代走の清水に交代する。8番岩間はファーストへの送りバント。9番前場の1球目、ワイルドピッチで清水が生還し、1点。4-4に追いつかれる。

[11回表・学習院の攻撃]

7番途中出場芦原はライトオーバーのツーベースヒット、8番岩永はキャッチャーのフィルダースチョイスで出塁。9番途中出場古川はピッチャーゴロに倒れるも、1番益田が四球を選び一死満塁のチャンス。2番田中のセンター前タイムリーヒット、3番内田のレフトへの犠牲フライで芦原、岩永が生還し、2点を得る。