春季リーグ戦 vs一橋大学(第二回戦)


5月18日(月) @学習院大学グラウンド

 

一橋3-3学習院

*連盟規定により、第二回戦は引き分け

 

P:佐藤(5回)→原(5,1/3回)→小林(秀)(2/3回)→櫻井(1回)

 

《戦評》

[2回表・一橋の攻撃]

4番日下部がセンターへのツーベースヒット、5番文字がライト前ヒットを放ち、無死1,3塁のピンチ。一死後、文字は7番田端の打席間に盗塁を決め2塁へ進塁。田端の4球目、パスボールで日下部生還。田端は死球で出塁する。8番別所のライトへの犠牲フライで文字が生還。この回2点を先制される。

 

[6回裏・学習院の攻撃]

3番池田がレフト前ヒットで出塁すると、続く4番原山がレフトへのツーランホームランを放ち、2点。同点とする。

 

[11回表・一橋の攻撃]

6番里吉がセンターへのヒットを放つと、捕球エラーで3塁まで進塁。7番田端のセンターへの犠牲フライで里吉が生還。この回1点で、リードを許す。

 

[11回裏・学習院の攻撃]

6番安西、センター前ヒットで出塁。7番梶原のピッチャーへのバントが内野安打になるが、オーバーランした安西が2塁で刺され一死1塁。8番岩永、9番代打寺嶋が四球で出塁し、満塁のチャンス。1番内田はセカンドフライに倒れるも、2番途中出場益田のピッチャーへの内野安打で梶原が生還する。この回1点でまたも同点とする。